2006年09月10日

<命名の儀>秋篠宮ご夫妻長男の名前どう決める?

秋篠宮ご夫妻の3番目のお子さまは、皇室にとって41年ぶりの男児誕生となり、列島は喜びに包まれた。次の注目はその名前だ。12日の「命名の儀」で明らかになるが、皇族の名前とは。そして、それはどのように決まるのか。【竹中拓実、桐野耕一】
 ■皇族の名前は
 皇太子さまは、皇太子徳仁親王殿下、秋篠宮さまは秋篠宮文仁親王殿下。正式にはこう呼ぶが、それぞれの子どもの時の呼び名の浩宮さま、礼宮さまに比べて、なじみが薄いと感じる人も多いのではないだろうか。
 実は、浩宮さま、礼宮さまは、幼少時の称号だ。浩宮さまは、今の天皇陛下の即位にともなって皇太子となった時に、礼宮さまは結婚して独立し、秋篠宮家を創設した時点で、それぞれ使われなくなった。
 ただ、今回生まれたお子さまには、こうした幼少時の称号はない。戦前からの慣例で、称号は天皇と皇太子の子どもに限られており、宮家の子どもに称号はないからだ。
 実際、皇太子ご夫妻の長女愛子さまは、称号を付けて敬宮(としのみや)愛子さまと呼ばれるが、秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまや二女佳子さまは「〇宮」とは呼ばない。今回誕生したお子さまにも称号はつかない。
 結局、お子さまは、皇室の男子の名前の慣例である、下に「仁(ひと)」の字が付く漢字2文字の可能性が高く、正式には「秋篠宮○仁親王殿下」となる。「仁」は、源頼朝や足利尊氏ら源氏の祖先にあたる清和天皇(在位858〜876年)の名前「惟仁」が始まり。「有徳の人」などの意味があり、ふさわしいとのいわれがあるという。
 ■宮家の子どもは当主が…
 では、皇族の名前はどのようにして決まるのか。戦前は、旧皇室親族令などで手続きが定められ、天皇と皇太子の子どもは天皇が、宮家の子どもは当主が、命名する決まりだった。それが戦後も踏襲されている。
 慣例通りなら、今回のお子さまの名前は秋篠宮さまが決める。91年に誕生した眞子さまの時は、「ひらめき」で字を決めたという。ただ、天皇陛下は01年12月に会見で「秋篠宮の時も相談を受けました」と述べており、実際は、天皇陛下の意見も反映されたものであることを示唆している。
 お子さまは、現行の皇室典範では、皇太子さま、秋篠宮さまに次いで3番目の皇位継承者でもあるだけに、宮内庁のある幹部は「今回も天皇、皇后両陛下にご相談されるのでは」と想像する。
 「○仁」とたった1文字だけだが、過去の天皇や最近の皇族の名前と重ならないよう選択される。その文字は、12日午前、秋篠宮妃紀子さまがお子さまとともに入院している愛育病院(東京都港区)での「命名の儀」の開始とともに公表される。
<明治以降の天皇と男性皇族の名前>
名前  称号
睦仁(むつひと)  祐宮(さちのみや) 明治天皇
稚瑞照彦尊(わかみづてるひこのみこと) 大正天皇の兄
敬仁(ゆきひと)  建宮(たけのみや) 大正天皇の兄
嘉仁(よしひと)  明宮(はるのみや) 大正天皇
〓仁(みちひと)  昭宮(あきのみや) 大正天皇の弟
輝仁(てるひと)  満宮(みつのみや) 大正天皇の弟
裕仁(ひろひと)  迪宮(みちのみや) 昭和天皇
雍仁(やすひと)  淳宮(あつのみや) 秩父宮
宣仁(のぶひと)  光宮(てるのみや) 高松宮
崇仁(たかひと)  澄宮(すみのみや) 三笠宮さま
明仁(あきひと)  継宮(つぐのみや) 天皇陛下
正仁(まさひと)  義宮(よしのみや) 常陸宮さま
寛仁(ともひと)            三笠宮さまの長男
宜仁(よしひと)            桂宮さま
憲仁(のりひと)            高円宮
徳仁(なるひと)  浩宮(ひろのみや) 皇太子さま
文仁(ふみひと)  礼宮(あやのみや) 秋篠宮さま
 ※旧宮家と戦前に廃絶した宮家は除く
 ※「稚瑞照彦尊」のように明治初期には、古事記や日本書紀にのっとり命名されたケースもある
(毎日新聞) - 9月9日15時9分更新



月額125円からの「さくらのレンタルサーバ
posted by エメラルド at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真H

71800520.jpg





posted by エメラルド at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真

71793446.jpg





posted by エメラルド at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真G

71792522.jpg




posted by エメラルド at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真F

71792348.jpg




posted by エメラルド at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真E

71792175.jpg




posted by エメラルド at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真D

71791667.jpg




posted by エメラルド at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真C

71791454.jpg






posted by エメラルド at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真B

71791641.jpg




posted by エメラルド at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真A

71723646.jpg




posted by エメラルド at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真@

4237497.jpg




posted by エメラルド at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紀子さま入院写真D

71652554.jpg




posted by エメラルド at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

紀子さま入院写真C

71652464.jpg




posted by エメラルド at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームステイ先の牧場散策 ウィーン

ホームステイ先の牧場散策 眞子さまウィーンで

 オーストリアに滞在している秋篠宮家の長女眞子さま(14)は11日夕(日本時間同日夜)、
ウィーン郊外のホームステイ先で馬の手綱を引きながら牧場を歩かれた。

 眞子さまは日本では、皇居の馬場などで馬に親しんでいる。

 ホームステイ先の夫妻は、秋篠宮妃紀子さま(39)が約30年前、
父川嶋辰彦さんの仕事の関係でウィーンに住んだ際からの知人で、眞子さまは3日から滞在。

 15日まで、ウィーンの美術館や歴史的建築物などを見学する予定。


※元記事: http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006081101004862
共同通信 平成18年08月11日


今日突然お金持ち!?
posted by エメラルド at 20:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 眞子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「雅子さま、オランダで自信に繋がる体験。治療に有意義」「公務は体調を考慮して決める」…医師団が見解

★公務は「体調を考慮して」=雅子さまの医師団が見解

・東宮職医師団は8日、オランダでの静養を終えられた皇太子妃雅子さまの状態について
 見解を発表した。公務など今後の活動は「引き続き、体調を考慮して決めていく」としている。

 見解は今回の静養について、長時間の旅行のお疲れがあったが、ベアトリックス女王らとの
 心のこもった交流は「いろいろな意味で妃殿下の自信につながる体験であり、今後の治療を
 進めていく上で有意義だった」と総括した。 

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060908-00000092-jij-soci


今日突然お金持ち!?
posted by エメラルド at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東宮職の医師団、オランダ静養「自信につながるご体験」

2006年09月08日19時37分
 皇太子ご一家のオランダ静養について、東宮職の医師団は8日、「いろいろな意味
で妃殿下の自信につながるご体験であり、今後のご治療を進めていく上で有意義
だった」との見解を文書で発表した。

 そのうえで「こうしたご体験はすぐに目に見える成果として現れるものではありません」
と述べた上で、今後の公務を含めた活動については体調を考慮しながら判断するとして
「これからも長い目で見守っていただきますようお願いいたします」としている。

 野村一成東宮大夫はこの日の会見で、今回と同じような海外静養について「今の
ところ計画も考えも全くない」とこたえた。

http://www.asahi.com/national/update/0908/TKY200609080335.html


今日突然お金持ち!?
posted by エメラルド at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

「紀子さまが"男の子はどうやってつくるのですか"と質問も」…愛育病院院長一問一答

・金沢・皇室医務主管と主治医で手術を執刀した愛育病院の中林院長が記者会見した。

−−母子の健康状態や経過は
中林氏「親王さまは大変お元気です。妃殿下には「これで手術は終わりです」と申し
 上げると「大変ありがとうございました」とお元気にお答えいただいた。順調に回復
 過程にある」

−−秋篠宮さまのご様子は
金沢氏「(性別を)お分かりになっていなかったのだろうと思うんですが「親王さまです」と
 申し上げたのですが、淡々と「ありがとう」とおっしゃられた。平静心を失われない方だなと。
 妃殿下は、秋篠宮殿下の「ご苦労さんでした」との問い掛けに「帰ってまいりました」と
 おっしゃられた」

−−秋篠宮さまはお子さまと、どのような状況で対面したか
金沢氏「向かい側の控室にいた秋篠宮殿下は入り口まで出て対面した。失礼な言い方だが、
 物珍しそうに見ていた。親王さまは「おぎゃー」と泣いていた」

−−退院の見通しは
中林氏「1週間目に抜糸し、数日で退院が可能。新生児は1週間から10日間前後で退院が可能」

−−両殿下は事前に性別を知っていたのか
金沢氏「(性別について)両殿下とも「どんな状況であっても、それを受け入れたい。自然な
 形で受け止めたいから知りたくない」というお言葉だった。感銘深い言葉なので、お伝えしたい」

−−生まれてから紀子さまは赤ちゃんを抱っこしたか
中林氏「殿下に会わせる前に触っていただいた」

−−懐妊が分かる前に相談を受けたことは
中林氏「佳子さまの出産の後、わたしに男の子が3人いるので、妃殿下が「先生、男の子は
 どうやってつくるのですか」と聞かれたことがあった。10年前のことで、今回の件で特別
 細かい相談はなかった」 (抜粋)
 http://www.sanspo.com/sokuho/0906sokuho022.html




posted by エメラルド at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾メディアもご出産速報 高い皇室への関心

台湾メディアもご出産速報 高い皇室への関心

 【台北=長谷川周人】秋篠宮妃紀子さまが男児を出産されたことを受け、台湾メディアは
6日朝、「日本の皇室に41年ぶりの男児誕生」などと速報した。多くの日本語世代を抱える
台湾では、皇室への関心は高く、テレビ各局はご出産を喜ぶ通勤途中のサラリーマンの声
や、新聞各社が号外を配る映像など伝えている。

 またご出産を控えた4日の東京株式市場で、育児関連株が急騰したことを受け、回復基調
にある日本経済に「3兆円の商機」を与えると好感。その一方、皇室の変遷を詳しく伝え
ながら、男児出産が皇位継承問題に与える影響にまで踏み込む報道も目立った。

ソース:http://www.sankei.co.jp/news/060906/kok010.htm


月額125円からの「さくらのレンタルサーバ
posted by エメラルド at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。