2006年09月25日

<皇太子ご一家>死去した、雅子さまの母方の祖父の自宅弔問

皇太子ご一家は25日、24日に死去した皇太子妃雅子さまの母方の祖父でチッソの元社長、江頭豊さんの東京都目黒区の自宅を弔問した。ご一家は午後4時半ごろ車で到着。江頭さんの娘婿で雅子さまの父、小和田恒さんが玄関で出迎え、約1時間滞在した。




posted by エメラルド at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 皇太子ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雅子さまとおじいさまの写真

71980080.jpg




posted by エメラルド at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雅子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弔問に訪れた皇太子ご一家

20060925-04733397-jijp-soci-view-001.jpg

24日に亡くなった雅子さまの母方の祖父、江頭豊さんの遺族を弔問した皇太子ご一家(25日午後、東京都目黒区(代表撮影)(時事通信社)19時47分更新




posted by エメラルド at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 皇太子ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雅子さまの祖父、江頭豊さんが死去

皇太子妃雅子さまの母方の祖父で元チッソ会長の江頭豊(えがしら・ゆたか)氏が24日午前0時45分、入院先の静岡県富士市内の病院で亡くなった。98歳だった。

 告別式などの日取りは未定。

 江頭氏は雅子さまの母、小和田優美子さんの父。旧日本興業銀行から、水俣病を起こしたチッソの再建に派遣され、社長、会長などを歴任。謝罪のため、被害者宅を訪れるなどした。

 皇太子さまのお妃選びに当たっては、雅子さまが元チッソ会長の孫であることから宮内庁に慎重論もあったが、皇太子さまが側近に粘り強く再考を促され、水俣病発生時の責任はないとの判断でご結婚が実現した。

 2004年11月に88歳で死去した妻、寿々子さんとともに富士市の病院に入院、雅子さまは今年3月20日にお忍びで見舞われていた。雅子さまは慣例に従い、30日間、喪に服される。




posted by エメラルド at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雅子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雅子さまの祖父、江頭豊さんが0時45分頃死去

皇太子妃雅子さまの母方の祖父で元チッソ会長の江頭豊(えがしら・ゆたか)氏が
24日午前0時45分、入院先の静岡県富士市内の病院で亡くなった。98歳だった。

告別式などの日取りは未定。

江頭氏は雅子さまの母、小和田優美子さんの父。旧日本興業銀行から、水俣病を起こした
チッソの再建に派遣され、社長、会長などを歴任。謝罪のため、被害者宅を訪れるなどした。

皇太子さまのお妃選びに当たっては、雅子さまが元チッソ会長の孫であることから宮内庁に慎
重論もあったが、皇太子さまが側近に粘り強く再考を促され、水俣病発生時の責任はないとの
判断でご結婚が実現した。

2004年11月に88歳で死去した妻、寿々子さんとともに富士市の病院に入院、雅子さまは
今年3月20日にお忍びで見舞われていた。雅子さまは慣例に従い、30日間、喪に服される。

ご冥福をお祈りいたします 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060924i513.htm

江頭豊
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E9%A0%AD%E8%B1%8A


インターネット取引するならマネックス証券


posted by エメラルド at 02:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 雅子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーストラリア紙「エイジ」が大胆予想! 「悠仁さまの歩む不自由な日々」

★オーストラリア紙が大胆予想!「悠仁親王の歩む道」

 021号では悠仁親王ご誕生に関する海外メディアの報道を
記事にしていますが、ここでは残念ながら誌面には載せられなかった
オーストラリアの日刊紙「エイジ」の記事を紹介しましょう。

 窓をカーテンで覆い隠した一台の黒い車が、警察の厳重な警護のもと、
通り過ぎていった。それは世界でもっとも若いプリンスの「秘密の生活」の
始まりでした。いつの日か日本の天皇になるであろう彼は、生活の大半を
自分の意思で決めることができないくらい、不自由な日々を過ごすことに
なるのです。
 すでに我々は新しいプリンスにどんな“未来”が待ち受けているのかを
想像することができます。今後、彼は皇室の一員として、多くの時間を
皇居の中で過ごすでしょう。彼は敷地内で健康診断を受け、敷地内で遊び、
そして孤独について知ることになるのです。

 彼の親族が過ごしてきた日々から考えると、まず彼は2人の姉と同じように
一輪車の乗り方を習うでしょう。また、幼くして書道を習い始め、相撲を応援し、
毎年新年になると短歌を詠むようになるはずです。彼のDNAからすると、
おそらく鳥か魚を研究する自然学者になるでしょう。昭和天皇は海の生物に
詳しい生物学者だったし、現在の天皇も皇居内にある科学研究所で
生物学の研究を続けているからです。

 彼は学習院で学び、おそらく10代になると日本を離れて海外でホームステイします。
もしかすると、オーストラリアに来るかもしれません。そしてオックスフォードの
ような大学に留学し、そこで多少の自由を手に入れるのです。現在の皇太子は
「もしかすると人生でもっとも幸せな時期だったかもしれない」と留学時代を
振り返っています。

 大人になっても彼が働くことはありません。車の免許を取ることも、
携帯電話を持つこともないでしょう。彼が結婚するとき、その相手は
十二単を身に纏い、彼はその妻になる人に大きな魚と大樽の酒など伝統で
定められた贈り物をプレゼントします。そしてもっとも大切な「男子の誕生」
という任務を背負うことになるでしょう。これが彼に定められた“運命”なのです。

クーリエ ジャポン http://blog.moura.jp/courrier_news/2006/09/post_f535.html


インターネット取引するならマネックス証券


posted by エメラルド at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋篠宮さま、贈賞式に出席 鳥類学研究の「山階賞」

秋篠宮さまは23日、東京都千代田区で行われた「山階芳麿賞贈賞式」
(主催・山階鳥類研究所)に出席された。
賞は鳥類学の研究者らに贈られるもので、秋篠宮さまは同研究所の総裁を務めている。

受賞者は絶滅が危惧(きぐ)される鳥島のアホウドリを研究した東邦大の長谷川博教授。
屋外に並べた実物大模型などで繁殖を誘い、個体数を増やした業績が評価された。

秋篠宮さまは「アホウドリは研究所にとっても縁の深い鳥。保全についてともに考えていただければ
幸いです」とあいさつ。長谷川教授に表彰状とメダルを手渡した。

ソース
http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006092301000456.html


インターネット取引するならマネックス証券


posted by エメラルド at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。