2006年10月20日

「今はただ健やかに」=悠仁さま誕生で皇后さま−きょう72歳

皇后さまは20日、72歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち宮内記者会の質問に文書で回答。9月に誕生した秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さまについて「今はただ、両親や姉たちの保護と愛情を受け、健やかに日々を送ってほしいと願うばかりです」と今後の成長を祈った。
 紀子さまの懐妊から出産については、11年ぶりに身重となった紀子さまを思い、「無事の経過を願わずにはいられませんでした」と振り返った。悠仁さまの教育のあり方については、両親であるご夫妻の意向を聞き、それを大切にしつつ見守っていく考えを示した。 




posted by エメラルド at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇皇后両陛下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「(悠仁親王は)健やかに日々を」「(雅子妃殿下は)あせることなく」 皇后陛下、72歳の御誕生日に宮内記者会の質問に文書回答

皇后さまは20日、72歳の誕生日を迎え、これに先立って宮内記者会の質問に文書回答
を寄せられた。
 秋篠宮妃紀子さまのご出産までをどのような思いで見守っていたかとの質問に「懐妊の
報(しら)せを喜ぶとともに、無事の経過を願わずにはいられませんでした」と振り返り、
悠仁(ひさひと)さまの成長について「両親や姉たち、周囲の人々の保護と愛情を受け、
健やかに日々を送ってほしいと願うばかりです」との思いを示された。

 一方、8月の皇太子ご一家のオランダ静養についての質問には「帰国後、東宮と妃より、
感謝の言葉と共に滞在が素晴らしいものであったことを聞き、また、多くの方が東宮妃の
健康状態に改善が見られるように思うと語られるのを耳にし、安堵(あんど)し、嬉(うれ)
しく思いました」と答え、雅子さまの公務復帰について「妃自身が一番安心できる時を
待って行われることが大切。あせることなく、しかし、その日が必ず来ることに希望を
もって、東宮妃も東宮も、自分を大切にして過ごしてほしい」とつづられた。

 また、次々代を担う女性皇族の役割についての質問には「皇室典範をめぐり、様々に
論議が行われている時であり、答えることはむずかしいことです。皇位継承の問題に
直接関係することで、私が今、何らかの期待を述べる立場にあるとは考えておりません」
と答えを控えられた。

■ソース(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061020i501.htm




posted by エメラルド at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇皇后両陛下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。