皇太子さま47歳 誕生日会見の詳報(4)

――殿下ご自身は、皇太子の立場の重みについて、昭和天皇や今上陛下とお話をされたことがありますか。また殿下自信が皇太子の立場の重みをどう感じておられているか、具体的なエピソードを交えてお聞かせ下さい。
続きを読む
posted by エメラルド at 02:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | 皇太子ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皇太子さま47歳 誕生日会見の詳報(3)

――ご一家は去年の夏、雅子さまの静養を兼ねてオランダを訪問されました。皇太子さまの私的な外国訪問は異例ですが、オランダ行きを決断された経緯やお気持ちについて詳しくお聞かせください。雅子さまの回復には、なお時間がかかるとの見方もありますが今後もこうした形での外国訪問をお考えになられますか、併せてお聞かせください。
続きを読む
posted by エメラルド at 02:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | 皇太子ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皇太子さま47歳 誕生日会見の詳報(2)

――雅子さまが療養生活に入られて3年が経ち、去年の秋には、宿泊を伴う地方での公務に出掛けられました。雅子さま自身も「少しずつ快方に向かって過ごしてくることができました」と述べられていますが、現在の雅子さまのご様子や回復ぶり、公務復帰のめどについてお聞かせください。
続きを読む
posted by エメラルド at 02:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | 皇太子ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皇太子さま47歳 誕生日会見の詳報(1)

皇太子さまは23日、47歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、お住まいの東宮御所で宮内記者会との会見に臨まれた。質問と回答の詳報は以下の通り。

 ――この1年は皇太子さまにとってどのような1年でしたでしょうか。皇室では昨年、秋篠宮家に悠仁さま誕生という大きな慶事がありました。ご一家で悠仁さま誕生をどのように喜ばれたのか、天皇、皇后両陛下や秋篠宮ご夫妻とどのようなやりとりがあったか、率直なお気持ちをお聞かせください。
 41年ぶりという皇位継承資格を持つ親王の誕生を受けて将来の皇位継承についてどのようにお考えか、また、愛子さまのごきょうだいについてのお考えも併せてお尋ねします。

続きを読む
posted by エメラルド at 02:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | 皇太子ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皇太子ご夫妻と愛子さま

posted by エメラルド at 02:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 皇太子ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皇太子ご夫妻と愛子さま

posted by エメラルド at 02:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 皇太子ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雅子さま「長い目で見守って」=環境問題取り組みに意欲−皇太子さま、47歳に

皇太子さまは23日、47歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち記者会見し、長期療養中の雅子さまについて、「活動をどのくらいまとめて行うことができるか、その時々で判断せざるを得ない状況」とした上で、「長い目で見守っていただきたい」と国民に理解を求めた。公務については「皇太子として今行うべき仕事にまい進していく」と意欲を示した。
続きを読む
posted by エメラルド at 02:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 皇太子ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「プリンセス・マサコ」出版中止 著者は「政府の検閲」と反発

オーストラリア人ジャーナリスト、ベン・ヒルズ氏が皇太子妃雅子さまについて書いた単行本「プリンセス・マサコ(Princess Masako)」をめぐって、外務省や宮内庁が著者や出版社に対して抗議を行い、その数日後、日本語版の出版中止が発表された。出版者側はその経緯を「事実誤認に対して、ヒルズ氏が謝罪に応じないため」としているが、ヒルズ氏側は「日本国民は本の内容を知る権利がある」「あからさまな言論の自由に対する攻撃だ」などと、一歩も引かない構えだ。

問題になっている「プリンセス・マサコ
続きを読む
posted by エメラルド at 02:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雅子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「プリンセス・マサコ」の出版中止に思う。

【PJ 2007年02月17日】− 楽しみにしていた「プリンセス・マサコ」の日本語訳の出版を講談社が中止したという。外務省と宮内庁が著者に対して抗議した。その宮内庁の侍従長の抗議文を読んで非常に気になる部分がある。文末近くに世論調査で75%の支持があるというのは、数字の根拠を云々はしない。しかし、「何故、両陛下が地方に旅行される度に、何万という人々が両陛下を歓迎するために喜んで沿道に出てくるのでしょうか」。この文面には、事実誤認があるのではないだろうか。
続きを読む
posted by エメラルド at 02:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 雅子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仁徳天皇陵、世界遺産登録目指し追加提案 堺市

堺市は16日、世界最大級の前方後円墳「大山古墳(伝仁徳天皇陵)」を含む「百舌鳥古墳群」の世界遺産登録を目指し、今秋にも文化庁に対して世界遺産の国内候補を載せた暫定リストへの追加を提案すると発表した。
続きを読む
posted by エメラルド at 02:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

「プリンセス・マサコ」日本語版の出版、講談社が中止

4065766976.jpg

オーストラリア紙の元東京特派員の著書「プリンセス・マサコ」に侮蔑的な記述などがあるとして政府と宮内庁が著者に抗議していた問題で、日本語版の刊行を準備していた講談社は16日、出版を中止すると発表した。

 それによると、同書には少なからぬ事実誤認などが認められたため、著者のベン・ヒルズ氏の了解のもと、修正原稿を完成していた。

 ところがヒルズ氏は、取材に対し「謝罪する必要は何もない」などと発言。これによって「著者との信頼関係を保つことができない」と判断し、出版中止を決めたという。続きを読む
posted by エメラルド at 21:04| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(4) | 雅子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「プリンセス・マサコ」(ベン・ヒルズ)に関する宮内庁書簡

オーストラリア国在住のベン・ヒルズ氏がランダム・ハウス・オーストラリア社から出版した「プリンセス・マサコ」と題する本について,本年2月,同氏及び同社に対し,現地大使館を通じて日本国政府としての抗議が行われています。 宮内庁としては,同書に記述されている天皇陛下並びに皇室の御公務に関する部分についての見解を書簡によって著者に伝えています。続きを読む
posted by エメラルド at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皇室:秋篠宮さま、奈文研での会議出席 日本のイヌ、起源探る /奈良

秋篠宮さまが研究リーダーを務める、総合研究大学院大学葉山高等研究センター(神奈川県葉山町)の研究プロジェクト奈良会議が15日、奈良市二条町の奈良文化財研究所で始まった。秋篠宮さまは会議の合間に、同研究所で展示されているイヌの頭骨の説明を受け、歯の数や、骨格の大きさなどを熱心に見比べていた=写真。
 会議には、家畜文化史・民俗生物学が専攻の秋篠宮さま、人類学、日本美術史など他分野の専門家約25人が集った。家畜・家禽(かきん)化を意味する「ドメスティケーション」が今回のテーマで、日本列島におけるイヌの起源を検討する。16日まで。続きを読む
posted by エメラルド at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<天皇、皇后両陛下>「松田権六の世界」展を鑑賞 東京

天皇、皇后両陛下は16日午前、東京都千代田区の東京国立近代美術館工芸館で開催中の漆芸家、松田権六を紹介した「人間国宝 松田権六の世界」展を鑑賞した。両陛下は金や螺鈿(らでん)で鳥などが繊細に描かれた箱、椀などの作品に「きれいね」などと語り、30分ほど見て回った。続きを読む
posted by エメラルド at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇皇后両陛下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豪記者、ベン・ヒルズ著「プリンセス・雅子―菊の御紋の囚人」に対する外務省の謝罪要求、氏は拒否

bookMasakoFront.jpg

皇太子妃雅子さまの苦悩などを取り上げた英語の著書「プリンセス・マサコ」をめぐり、
「事実無根の記述がある」として日本外務省から謝罪と訂正を要求されたオーストラリア人
ジャーナリスト、ベン・ヒルズ氏は14日、共同通信の電話取材に対し「謝罪すべき理由は
何もない」と述べ、要求を拒否する姿勢を表明した。
続きを読む
posted by エメラルド at 02:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 雅子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週刊新潮、「皇室接遇マニュアル」を大公開!

天皇皇后陛下や皇太子が地方などを訪問する際に、訪問先へ配布されるという
「皇室接遇マニュアル」を大公開!便座カバーは白に、お茶は70〜80℃で、
先導・説明は事前にリハーサルを・・・など事細かな規定がギッシリだとか。
続きを読む
posted by エメラルド at 02:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王室「今度も女子」 来年5月に生まれる皇太子妃の第2子

★「今度も女子」・スペイン皇太子妃の第2子
続きを読む
posted by エメラルド at 02:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン王室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レティシア皇太子妃の妹急逝

【スペイン マドリッド 2月7日】
 スペイン王室は、レティシア皇太子妃の妹であるエリカ・オルティスさんが急逝したと発表。6才になる娘カルラちゃんを残して、31才の若さだった。エリカさんは娘の父親であるアーティストと昨夏別れたばかり。別離や新恋人の噂などについて、一部週刊誌の話題となっていた。続きを読む
posted by エメラルド at 02:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン王室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペイン皇太子妃は離婚歴のある元ジャーナリスト 王子がキャリア女性の知的美に恋

56662072.jpg

離婚歴のあるプリンセスが支持される理由

アルムナデ大聖堂で挙式できたのは、レティシアさんの最初の結婚が「民事婚」だったから
フェリペ皇太子と出会う前、レティシアさんはマドリッドの高校で文学を教える教師と10年間の交際を経て、27歳のときに結婚しています。その1年後に離婚が成立していますが、このことについて皇室スポークスマンは「彼女の離婚は(皇太子との結婚の)障害にならない。今日のスペインでは普通のことだ」と発表しています。ちなみに、レティシアさんの両親も1988年に離婚しています。
続きを読む
posted by エメラルド at 01:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン王室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。