2007年02月16日

「プリンセス・マサコ」日本語版の出版、講談社が中止

4065766976.jpg

オーストラリア紙の元東京特派員の著書「プリンセス・マサコ」に侮蔑的な記述などがあるとして政府と宮内庁が著者に抗議していた問題で、日本語版の刊行を準備していた講談社は16日、出版を中止すると発表した。

 それによると、同書には少なからぬ事実誤認などが認められたため、著者のベン・ヒルズ氏の了解のもと、修正原稿を完成していた。

 ところがヒルズ氏は、取材に対し「謝罪する必要は何もない」などと発言。これによって「著者との信頼関係を保つことができない」と判断し、出版中止を決めたという。続きを読む
posted by エメラルド at 21:04| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(4) | 雅子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「プリンセス・マサコ」(ベン・ヒルズ)に関する宮内庁書簡

オーストラリア国在住のベン・ヒルズ氏がランダム・ハウス・オーストラリア社から出版した「プリンセス・マサコ」と題する本について,本年2月,同氏及び同社に対し,現地大使館を通じて日本国政府としての抗議が行われています。 宮内庁としては,同書に記述されている天皇陛下並びに皇室の御公務に関する部分についての見解を書簡によって著者に伝えています。続きを読む
posted by エメラルド at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皇室:秋篠宮さま、奈文研での会議出席 日本のイヌ、起源探る /奈良

秋篠宮さまが研究リーダーを務める、総合研究大学院大学葉山高等研究センター(神奈川県葉山町)の研究プロジェクト奈良会議が15日、奈良市二条町の奈良文化財研究所で始まった。秋篠宮さまは会議の合間に、同研究所で展示されているイヌの頭骨の説明を受け、歯の数や、骨格の大きさなどを熱心に見比べていた=写真。
 会議には、家畜文化史・民俗生物学が専攻の秋篠宮さま、人類学、日本美術史など他分野の専門家約25人が集った。家畜・家禽(かきん)化を意味する「ドメスティケーション」が今回のテーマで、日本列島におけるイヌの起源を検討する。16日まで。続きを読む
posted by エメラルド at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<天皇、皇后両陛下>「松田権六の世界」展を鑑賞 東京

天皇、皇后両陛下は16日午前、東京都千代田区の東京国立近代美術館工芸館で開催中の漆芸家、松田権六を紹介した「人間国宝 松田権六の世界」展を鑑賞した。両陛下は金や螺鈿(らでん)で鳥などが繊細に描かれた箱、椀などの作品に「きれいね」などと語り、30分ほど見て回った。続きを読む
posted by エメラルド at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇皇后両陛下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豪記者、ベン・ヒルズ著「プリンセス・雅子―菊の御紋の囚人」に対する外務省の謝罪要求、氏は拒否

bookMasakoFront.jpg

皇太子妃雅子さまの苦悩などを取り上げた英語の著書「プリンセス・マサコ」をめぐり、
「事実無根の記述がある」として日本外務省から謝罪と訂正を要求されたオーストラリア人
ジャーナリスト、ベン・ヒルズ氏は14日、共同通信の電話取材に対し「謝罪すべき理由は
何もない」と述べ、要求を拒否する姿勢を表明した。
続きを読む
posted by エメラルド at 02:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 雅子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週刊新潮、「皇室接遇マニュアル」を大公開!

天皇皇后陛下や皇太子が地方などを訪問する際に、訪問先へ配布されるという
「皇室接遇マニュアル」を大公開!便座カバーは白に、お茶は70〜80℃で、
先導・説明は事前にリハーサルを・・・など事細かな規定がギッシリだとか。
続きを読む
posted by エメラルド at 02:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王室「今度も女子」 来年5月に生まれる皇太子妃の第2子

★「今度も女子」・スペイン皇太子妃の第2子
続きを読む
posted by エメラルド at 02:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン王室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レティシア皇太子妃の妹急逝

【スペイン マドリッド 2月7日】
 スペイン王室は、レティシア皇太子妃の妹であるエリカ・オルティスさんが急逝したと発表。6才になる娘カルラちゃんを残して、31才の若さだった。エリカさんは娘の父親であるアーティストと昨夏別れたばかり。別離や新恋人の噂などについて、一部週刊誌の話題となっていた。続きを読む
posted by エメラルド at 02:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン王室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペイン皇太子妃は離婚歴のある元ジャーナリスト 王子がキャリア女性の知的美に恋

56662072.jpg

離婚歴のあるプリンセスが支持される理由

アルムナデ大聖堂で挙式できたのは、レティシアさんの最初の結婚が「民事婚」だったから
フェリペ皇太子と出会う前、レティシアさんはマドリッドの高校で文学を教える教師と10年間の交際を経て、27歳のときに結婚しています。その1年後に離婚が成立していますが、このことについて皇室スポークスマンは「彼女の離婚は(皇太子との結婚の)障害にならない。今日のスペインでは普通のことだ」と発表しています。ちなみに、レティシアさんの両親も1988年に離婚しています。
続きを読む
posted by エメラルド at 01:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン王室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペイン皇太子妃は離婚歴のある元ジャーナリスト 王子がキャリア女性の知的美に恋

56592933.jpg
プリンセスの恋。それはいつの時代にあっても皆の注目の的。うっとりするシンデレラストーリーあり、すべてを忘却に帰す灼熱の恋あり…。各国のプリンセスたちの恋の軌跡を連載していきます。
続きを読む
posted by エメラルド at 01:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン王室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皇太子妃、第2子ご懐妊 「女帝」論議に影響も

スペイン:皇太子妃、第2子ご懐妊「女帝」論議に影響も

 【パリ福井聡】
スペイン王室は25日、レティシア皇太子妃(34)が第2子を妊娠し、来年5月に出産の予定だと
発表した。スペイン憲法の規定では王位継承は「男子優先」のため、第2子が男児の場合、
昨年10月に生まれた長女のレオノール王女を継承順位で「追い抜く」ことになり、
同国の「女帝」論議に影響を与えそうだ。

 続きを読む
posted by エメラルド at 01:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン王室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オランダ皇太子結婚式写真A

posted by エメラルド at 01:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オランダ王室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オランダ皇太子結婚式写真@

posted by エメラルド at 01:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オランダ王室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

両陛下、楽部演奏会に出席

20070215-05030183-jijp-soci-view-001.jpg

宮内庁楽部職員の洋楽演奏会に出席した天皇、皇后両陛下と皇太子ご夫妻、秋篠宮妃紀子さま、高円宮妃久子さま。雅子さまが楽部の演奏会に出席したのは2005年10月以来(15日午後、皇居・桃華楽堂=代表撮影)(時事通信社)

続きを読む
posted by エメラルド at 00:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇皇后両陛下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府、豪大使通じ「プリンセス・マサコ」著者らに抗議

4056548707.jpg

オーストラリア紙の元東京特派員の著書「プリンセス・マサコ」に事実誤認や侮蔑(ぶべつ)的な記述があるとして、政府は13日、在オーストラリア大使を通じて著者と出版社に抗議文を手渡したことを明らかにした。
続きを読む
posted by エメラルド at 00:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 雅子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<外務省>「プリンセス・マサコ」に抗議

4268583729.jpg

外務省は13日、オーストラリア紙の元東京特派員が皇太子ご一家や皇室について執筆した「プリンセス・マサコ」の英語版について、在オーストラリア日本大使館が筆者のベン・ヒルズ氏と出版社に抗議文を手渡したと発表した。
続きを読む
posted by エメラルド at 00:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 雅子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。