2006年09月13日

皇室に献上する米を刈り取るお百姓さん

皇室に献上する米を刈り取る「献穀田抜穂(ぬきほ)式」の神事が12日、福井市安田町
の田んぼで営まれた。献上する米は5月18日に植えられたコシヒカリの原種。県内7地区
が毎年持ち回りで育てており、福井地区からの献上は初めて。

神事に続き、抜穂の儀があり、水田所有者の末定文好さん(80)、JA関係者ら計5人が
かまを持って田んぼに入り、高さ約70センチに育った稲2、3株を刈り取って神前にささ
げた。その後の式典では、かすり着にすげがさ姿の刈女(かりめ)とともに西川一誠知事ら
13人が同様の作業をした。米は脱穀や乾燥を経て良質の精米1・5キロが、11月23日
に営まれる宮中の新嘗祭へ献上される。
(小柳保志)

http://www.chunichi.co.jp/00/fki/20060913/lcl_____fki_____007.shtml


近畿日本ツーリストでお仕事!
posted by エメラルド at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23690710

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。