2006年09月13日

悠仁さま:祝福の輪、各地に広がる

20060913k0000e040083000p_size6.jpg

開幕した秋篠宮ご夫妻の写真展を見る人たち=東京都中央区の日本橋高島屋で13日午前10時2分、佐々木順一写す


秋篠宮ご夫妻の長男が「悠仁(ひさひと)さま」と決まり、新品種の花に同じ名前を付けたり、牧場では同じ文字の名前の入場者を無料にするところも出てきた。全国各地に祝福の輪が広がっている。

 ◇フラワーパーク「とっとり花回廊」

 鳥取県南部町にあるフラワーパークの県立「とっとり花回廊」は、悠仁さま誕生前日の5日にピンクの花を咲かせたペチュニア(ナス科)の新品種を「ひさひとペチュニア」と名付けた。高さ15センチで、直径約2センチの花を50輪ほどつけるといい、近く展示する予定だ。開発者の矢澤秀成さん(39)は「お子さまもペチュニアも、すくすく育ってほしい」と話す。

 ◇成田ゆめ牧場

 千葉県成田市の「成田ゆめ牧場」は、13日から名前に「悠」または「仁」の文字が入っているか、悠仁さまと同じ誕生日(9月6日)の人を対象に入場を無料に。30日までで、「祝賀ムードをさらに盛り上げたい」と同牧場。

 ◇報道写真展

 東京、大阪、名古屋など全国の高島屋4店舗で13日から、秋篠宮家の歩みを紹介する報道写真展「慶祝 秋篠宮悠仁親王殿下 ご誕生おめでとうございます」(毎日新聞社主催)が始まった。

 日本橋高島屋では、束帯と十二単姿でのご夫妻の婚礼の儀式の写真や、出産のため入院した紀子さまを見舞う秋篠宮さまと眞子さま、佳子さまの写真など計12点を展示。広島市の主婦、馬場美佐子さん(57)は「赤坂御苑を一家で散策する写真は一家だんらんの雰囲気が伝わってくる。男の子のお顔を早く拝見したい」と笑顔で話した。19日まで開催する。

 ◇祝賀のパレード

 御用邸のある静岡県下田市では12日夜、中心街で太鼓を打ち鳴らしてのパレードで祝った。下田八幡神社の例大祭での行事だが、皇室の祝賀で臨時に行うのは、01年12月の皇太子ご夫妻の長女愛子さまの誕生以来。法被姿の若者による太鼓の音に約1500人が繰り出した。

 「命名の儀」で使われた越前和紙の「大高檀(おおたかだん)紙」をすいたのは、福井県越前市の山崎吉左衛門さん(63)。「これを機に、より多くの人に越前和紙の存在を知ってもらえれば」

 また、「お印(しるし)」の「高野槙(こうやまき)」を市の木にしている岐阜県中津川市の大山耕二市長は「大変喜ばしく、光栄に思います。悠仁さまがこの木のようにすくすくとご成長なさるよう願っています」とコメントした。


近畿日本ツーリストでお仕事!
posted by エメラルド at 14:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23691202

この記事へのトラックバック

悠仁親王
Excerpt: 悠仁親王情報満載です!
Weblog: http://10tyouget.livedoor.biz/index20.rdf
Tracked: 2006-09-13 21:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。