2006年09月25日

オーストラリア紙「エイジ」が大胆予想! 「悠仁さまの歩む不自由な日々」

★オーストラリア紙が大胆予想!「悠仁親王の歩む道」

 021号では悠仁親王ご誕生に関する海外メディアの報道を
記事にしていますが、ここでは残念ながら誌面には載せられなかった
オーストラリアの日刊紙「エイジ」の記事を紹介しましょう。

 窓をカーテンで覆い隠した一台の黒い車が、警察の厳重な警護のもと、
通り過ぎていった。それは世界でもっとも若いプリンスの「秘密の生活」の
始まりでした。いつの日か日本の天皇になるであろう彼は、生活の大半を
自分の意思で決めることができないくらい、不自由な日々を過ごすことに
なるのです。
 すでに我々は新しいプリンスにどんな“未来”が待ち受けているのかを
想像することができます。今後、彼は皇室の一員として、多くの時間を
皇居の中で過ごすでしょう。彼は敷地内で健康診断を受け、敷地内で遊び、
そして孤独について知ることになるのです。

 彼の親族が過ごしてきた日々から考えると、まず彼は2人の姉と同じように
一輪車の乗り方を習うでしょう。また、幼くして書道を習い始め、相撲を応援し、
毎年新年になると短歌を詠むようになるはずです。彼のDNAからすると、
おそらく鳥か魚を研究する自然学者になるでしょう。昭和天皇は海の生物に
詳しい生物学者だったし、現在の天皇も皇居内にある科学研究所で
生物学の研究を続けているからです。

 彼は学習院で学び、おそらく10代になると日本を離れて海外でホームステイします。
もしかすると、オーストラリアに来るかもしれません。そしてオックスフォードの
ような大学に留学し、そこで多少の自由を手に入れるのです。現在の皇太子は
「もしかすると人生でもっとも幸せな時期だったかもしれない」と留学時代を
振り返っています。

 大人になっても彼が働くことはありません。車の免許を取ることも、
携帯電話を持つこともないでしょう。彼が結婚するとき、その相手は
十二単を身に纏い、彼はその妻になる人に大きな魚と大樽の酒など伝統で
定められた贈り物をプレゼントします。そしてもっとも大切な「男子の誕生」
という任務を背負うことになるでしょう。これが彼に定められた“運命”なのです。

クーリエ ジャポン http://blog.moura.jp/courrier_news/2006/09/post_f535.html


インターネット取引するならマネックス証券


posted by エメラルド at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。