2006年11月12日

愛子さま、七五三 最近は補助付自転車の練習や「拙者」・「わらわ」など昔の言葉に関心

皇太子ご夫妻の長女愛子さまの「着袴(ちゃっこ)の儀」が11日午前、
東京・元赤坂の東宮御所で行われた。おおむね5歳の時に健康と成長を祈って行われる
一般の七五三にあたる皇室の儀式で、平安時代から伝わるという。
愛子さまは、皇太子ご夫妻が見守る中、女官から濃い紫色の小袖(こそで)と
袴(はかま)をつけてもらい、その上に菊の模様をあしらった赤色の袿(うちき)を着て、
手に扇を持ち、儀式を終えた。小袖や袴などは天皇、皇后両陛下が贈ったもので、
愛子さまは皇居内の賢所(かしこどころ)仮殿に拝礼後、御所で皇太子ご夫妻に連れられ、
両陛下にあいさつする。

愛子さまは12月1日、5歳の誕生日を迎える。宮内庁によると、幼稚園では友達と楽しく
交流し、行き帰りの車の中で「どんぐりころころ」などを歌ったり、しりとりを楽しんだり
している。先月中旬の秋の遠足では、掘った芋を入れて帰る布袋に、自分の名前をローマ字で
刺しゅうした。母親の皇太子妃雅子さまの弁当作りを手伝うこともあるという。
また、住まいの東宮御所では、庭で花摘みやかけっこ、家の中でぬいぐるみを相手に
「お世話ごっこ」を楽しみ、摘んだ花をご夫妻や職員の部屋に生けて飾ることも。
最近は補助輪の付いた自転車の練習に励み、昔話の紙芝居では「拙者」や「わらわ」といった
昔の言葉に関心を持ち、使ったりしているという。【桐野耕一】

ソース
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/koushitsu/news/20061111k0000e040027000c.html

袴の儀を終えられた愛子さまと皇太子ご夫妻=東京・元赤坂の東宮御所で
11日午前10時26分、代表撮影
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/koushitsu/news/images/20061111k0000e040031000p_size6.jpg




posted by エメラルド at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。