2006年11月15日

「皇太子さま、雅子さま気遣い皇室を一時離れるかも」記事で、週刊朝日に宮内庁が抗議

宮内庁が週刊朝日に抗議 皇太子ご夫妻の記事めぐり

・宮内庁東宮職は13日、週刊朝日11月17日号の「雅子さまと皇太子殿下が考えていた
 皇籍離脱の『真相』」の見出しや記事が「事実無根」だとして、抗議するとともに謝罪文の
 掲載を求める文書を同誌編集部あてに送付した。

 記事は、オーストラリア紙の元東京特派員が執筆した「プリンセス・マサコ」の英語版を
 紹介する形式で、著者へのインタビューなどで構成。体調を崩している雅子さまを
 気遣った皇太子さまが、一時、皇室を離れることを検討したなどとの内容となっている。

 宮内庁東宮職は文書で「検証することなく、著作の内容を翻訳してセンセーショナルな
 記事として報道することは無責任」として「両殿下(ご夫妻)が『皇籍離脱まで考えていた』と
 報じている部分は、全く事実無根であり、両殿下および皇室の名誉を著しく傷つけるもの」と主張。
 同誌の山口一臣編集長は「真摯に対応させていただきます」などとの談話を出した。

 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006111301000545




posted by エメラルド at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雅子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27496601

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。