2006年11月30日

秋篠宮さま 41歳に 会見で悠仁さまに「新鮮な印象」

秋篠宮さまは30日、41歳の誕生日を迎えた。誕生日を前に紀子さまとともに記者会見し、9月に生まれた長男悠仁(ひさひと)さまについて「私たちにとって久しぶりの赤ちゃんで、大変新鮮な印象を受けた」と話した。今後の教育方針については「長女(眞子さま)、二女(佳子さま)と同じように接するつもり」と語った。
 悠仁さまの近況について、秋篠宮さまは「よく眠って、よく泣いて、よく笑っている」とした。紀子さまは「悠仁を囲みながら家族でにぎやかに過ごしている時、10年以上も前、幼い娘たちを夢中になって育てながら仕事をしていたころを思い出します」「家族5人の日々が始まっていることに感慨を覚えます」などと答えた。
 紀子さまは「エル・コンドル・パサ」(コンドルは飛んで行く)などを秋篠宮さまがギターで奏でると悠仁さまが満ち足りた表情でうとうとしている、とのエピソードも披露。ご夫妻にとって4番目のお子さまに関しては、秋篠宮さまが「今は考えておりません」と答えた。
 秋篠宮さまは、天皇、皇后両陛下の公務についても言及。外出を伴うもの以外に皇居・宮殿の行事が「極めて多い」との印象を述べ、「年齢的にいってもそれらの多くのお務めをされるのは非常に大変なのでは」と気遣った。【桐野耕一】
     ◇
 記者会見の詳細は30日昼以降、「MSN毎日インタラクティブ」に掲載します。



posted by エメラルド at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。