2007年02月16日

皇太子妃、第2子ご懐妊 「女帝」論議に影響も

スペイン:皇太子妃、第2子ご懐妊「女帝」論議に影響も

 【パリ福井聡】
スペイン王室は25日、レティシア皇太子妃(34)が第2子を妊娠し、来年5月に出産の予定だと
発表した。スペイン憲法の規定では王位継承は「男子優先」のため、第2子が男児の場合、
昨年10月に生まれた長女のレオノール王女を継承順位で「追い抜く」ことになり、
同国の「女帝」論議に影響を与えそうだ。

 スペイン現行憲法は女性の王位継承も認めているが、「姉がいても長男が王位継承の
最優先権を持つ」と規定している。フェリペ皇太子(38)も姉2人がいるが、現在は
フアン・カルロス国王(68)の王位継承順位第1位だ。

 サパテロ社会労働党政権は昨年3月、男女平等の観点から「男子優先廃止」の憲法改正案を
発表した。改正案によると、王位継承権第1位はフェリペ皇太子で、第2位がレオノール王女となり、
多数の国民が同案を支持している。

 しかし、改憲には(1)上下両院の3分の2以上の賛成(2)議会解散と総選挙
(3)新議会における3分の2以上の改憲案支持(4)国民投票−
−という複雑な承認過程が必要となる。

毎日新聞 2006年9月27日 11時18分
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060927k0000e030036000c.html


posted by エメラルド at 01:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン王室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33780997

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。