2007年02月25日

仁徳天皇陵、世界遺産登録目指し追加提案 堺市

堺市は16日、世界最大級の前方後円墳「大山古墳(伝仁徳天皇陵)」を含む「百舌鳥古墳群」の世界遺産登録を目指し、今秋にも文化庁に対して世界遺産の国内候補を載せた暫定リストへの追加を提案すると発表した。
百舌鳥古墳群は、天皇陵や陵墓参考地を含む大小47基の前方後円墳や方墳、円墳が現存。中でも大山古墳は全長486メートルと世界3大墳墓の一つに挙げられる。一方で、大山古墳や履中天皇陵が皇室財産のため、世界遺産登録に必要な国の文化財指定を受けておらず、住宅密集地では「緩衝地帯(バッファゾーン)」を確保する必要があるなど検討テーマも山積している。

 堺市は「正式提案の上で、特別史跡指定の了解を宮内庁から得られるよう働き掛けるなど、環境整備のため努力していく」と説明している。

カードを送った人ももらった人も当たる!『春のプレゼントキャンペーン』
posted by エメラルド at 02:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。