2007年02月25日

皇太子さま47歳 誕生日会見の詳報(4)

――殿下ご自身は、皇太子の立場の重みについて、昭和天皇や今上陛下とお話をされたことがありますか。また殿下自信が皇太子の立場の重みをどう感じておられているか、具体的なエピソードを交えてお聞かせ下さい。
ご回答
 私は、幼少のころから昭和天皇のところに今の両陛下とご一緒に上がる機会がいろいろ多くありましたけれども、そのような折に、今の陛下が皇太子としていろいろなことをやっておられる、そういうことを強く感じましたし、それから幸い日常の生活においても、公務によっては成年に達していないと出られないような公務もあるわけですけれども、外国のお客様ですとか、いろいろな方が来られた時に私もご一緒させていただく機会がありまして、そのような折に、今の陛下から皇太子としての在り方というものはこういうものなんだということを、いろいろと小さいころからご一緒することによって学ばせていただいたという感じを強く持っています。具体的なエピソードというと、それは難しいですけれども、その折々に今の陛下のなさりようを拝見しながら皇太子というのはやはり天皇陛下をお助けして、そして、いろいろな公務に取り組んでいく、そういったことを今の陛下からお側(そば)にいながら学んできたように思います。

 ――オーストラリアで出版された「プリンセス・マサコ」という本について宮内庁と外務省で皇室の活動やお姿について明らかに事実と違う部分があり、妃殿下のご病気についても非礼な記述などがあるとしまして、著者と出版社に対し抗議をしたことをご存じと思います。両殿下でこの本をお読みになったことはありますでしょうか。この件について思っていらっしゃること、お考えなどがありましたらお話下さい。

ご回答
 この本については、私は読んでおりませんけれども、内容については、東宮大夫の方からも話を聞いておりますので、大体内容については、把握しているつもりです。ただ、このことについては政府が対応しておりますので、私からそれ以上のことを申し上げることはありません。

 ――愛子さまのご様子について、幼稚園に入られてからどういう面で顕著なご成長を感じられるのか、具体的なエピソードをお聞かせ下さい。

ご回答
 やはり、今までの生活と比べて幼稚園という大きな集団に入って、そこで友達もできて、友達とのお付き合いの中からいろんなことを学んでいるように私には思われます。その中で、特に友達への思いやりみたいなものですね、誰かが休んでいたりするととても心配をしたりとか、誰々がちょっと怪我をしちゃったけれども大丈夫だっただろうかとか、そういうふうな人に対する思いやり、人のことに対する心配というか、そういうことを折々に私も愛子から聞きまして、成長しているんだなというふうに親としても嬉しく思うわけです。 


posted by エメラルド at 02:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | 皇太子ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34607083

この記事へのトラックバック

雅子妃殿下の言動”全てご病気のせい”の嘘[2/18 9:20]
Excerpt: 雅子妃殿下の不可解な行状に関して,すべて“ご病気のため”あるいは“お世継ぎのプレッシャーのため”と片付けてしまおうとする空気があります. 片付けるだけでなく, そこから先の議論・批判を封じ込めようとす..
Weblog: 雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う
Tracked: 2007-02-25 16:33

雅子妃殿下の反日性・左翼性…反日皇后・左翼天皇誕生の危機[1/30 22:00]
Excerpt: (1月30日22時00分加筆修正) 雅子妃の愛読書は大江健三郎との疑惑. 仮説:祭祀欠席の真意は日教組教師の反「日の丸」「君が代」「愛国心」と同根? 余り知られていないことですが,雅子妃殿下は意外と反..
Weblog: 雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う
Tracked: 2007-02-25 16:34

「プリンセス・マサコ」著者の妻は在日韓国人3世・金森マユ(ひとまず記事まとめ)
Excerpt: 「プリンセス・マサコ」日本語版、講談社が中止 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/39619/ まずはよかったと言えましょう. さて..
Weblog: 雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う
Tracked: 2007-02-25 16:35

雅子妃入内の経緯の不審さ,および女性・女系天皇問題との関連
Excerpt: ★昭和天皇陛下は反対されていた ★今上両陛下や護衛官の目を盗んでの“再会” ★女性・女系天皇計画との連動 ★徳仁天皇が小和田に操られる危険. 雅子妃殿下ご自身の反日性・左翼性,ならびに入内に際しての不..
Weblog: 雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う
Tracked: 2007-03-04 18:25

公教育と安倍総理の教育改革を妨害する次代の両陛下[3/7 9:00]
Excerpt: [3/7 9:00追記] ★人の上に立つ人が負う義務と責任 ★ご皇族はその御身分=職務 ★愛子内親王を叱らないとは ★国民に悪しき範を示している東宮ご一家 ★教育現場が迷惑する. ◆ 雅子妃の行状の品..
Weblog: 雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う
Tracked: 2007-03-07 14:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。