2006年09月10日

新宮誕生写真F

71792348.jpg




posted by エメラルド at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真E

71792175.jpg




posted by エメラルド at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真D

71791667.jpg




posted by エメラルド at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真C

71791454.jpg






posted by エメラルド at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真B

71791641.jpg




posted by エメラルド at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真A

71723646.jpg




posted by エメラルド at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宮誕生写真@

4237497.jpg




posted by エメラルド at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

紀子さま写真A

1026571.jpg




posted by エメラルド at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮内庁、「仁」の付く2文字で検討・秋篠宮さまが紀子さまと相談して最終的に決められる

「仁」の付く2文字で検討 12日に命名の儀

秋篠宮家の第3子誕生を受け、宮内庁では7日、名前の検討を本格的に進めた。
「命名の儀」は12日に行われる。

宮内庁は、秋篠宮さまご夫妻の意向を受け、男子と女子の両方を想定し、8月から
書陵部を中心に水面下で作業を始めていた。

男子は平安時代からの慣例として「仁」が付く2文字となる。天皇陛下は「明仁」で、
皇太子さまは「徳仁」、秋篠宮さまは「文仁」。

宮内庁が、過去の天皇と名前が重ならない文字の中から、専門家を交えて意味や
歴史資料の調査を進め、複数の候補を選択。秋篠宮さまが紀子さまと相談して
最終的に決められる。

引用元
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2006090701002215_National.html

宮内庁ホームページ
http://www.kunaicho.go.jp/


ラブコスメティック
posted by エメラルド at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋篠宮妃紀子さま、無事に男子ご出産― 母子ともに元気

★紀子さま、男児ご出産

秋篠宮妃紀子さま(39)は6日午前8時27分、入院先の総合母子保健センター「愛育病院」
(東京・南麻布)で帝王切開手術を受け、男のお子さまを出産された。

皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに次いで第3位。男子の誕生は1965年11月の
秋篠宮さま以来41年ぶりとなる。宮内庁によるとお子さまの体重は2558グラム。

紀子さまは胎盤が子宮口の一部を覆う「部分前置胎盤」で、早期出血が心配されたことから
8月16日にご入院。胎児が十分に発育する妊娠37週目を待って、この日に帝王切開手術
を受けられた。手術は主治医の中林正雄・同病院院長が執刀し、麻酔科や小児科の医師ら
約10人体制で行われた。

読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060906-00000003-yom-soci
FLASH24
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=FLASH





posted by エメラルド at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紀子さまの さい帯血を提供へ

愛育病院の中林正雄院長によりますと、今回の出産で秋篠宮ご夫妻は、へその緒や胎盤に
含まれるさい帯血を「役に立つなら提供したい」という考えを示されたということです。
今後、さい帯血バンクに登録する手続きが取られます。さい帯血は、赤ちゃんのへその緒や
胎盤の中に含まれている血液で、血液の成分を作り出すもとになる細胞が多く含まれている
ため、白血病などの治療で患者に移植されます。

提供する人が数日間、入院する必要のある骨髄移植に比べて、さい帯血移植は提供する
赤ちゃんや母親に負担がかからない利点があります。

http://www3.nhk.or.jp/news/2006/09/06/k20060906000112.html




posted by エメラルド at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋篠宮ご夫妻、自然体の日々

秋篠宮ご夫妻は、懐妊が公になって以降も、自然体で知人らと接してきた。

秋篠宮さまの学習院初等科時代の同級生が年1、2回開く「78(ななはち)
会」。2月下旬に開かれた会合の冒頭、秋篠宮さまは友人ら約20人に祝福さ
れ、にっこり笑って礼を述べた。しかし、出産の話題はそれきりに。

出席した緒方喜雄さんは「いろいろ注目される立場だが、私たちは元気なお子
さまが生まれることを祈るだけでしたから」と同級生の気持ちを代弁する。

6月下旬、学習院初等科で行われた父母参観。秋篠宮ご夫妻の次女佳子さま
(11)の教室では、ご夫妻がほかの保護者と教室の後ろに並び、工作の授業
を見守った。父親の1人は「背伸びをしながら佳子さまの手元をのぞく殿下の
横で、紀子さまはいつものように優しくほほえまれていた」と振り返る。

紀子さまは1月下旬の父母参観に黒のパンツ姿で現れたという。「普段はスカー
トが多い。すでにご懐妊を自覚して、体が冷えるのを注意されていたのかもし
れません」

紀子さまは懐妊が明らかになった後も熱心に公務を続けた。

この間、自ら総裁を務める結核予防会の青木正和会長(79)に要望して、宮
邸で新薬などの説明を3回受けた。青木会長によると、紀子さまはメモを取り
ながら、「従来の薬と比べて、どのような効能があるのか」などと積極的に質
問していたという。
(略)

http://www.asahi.com/national/update/0906/TKY200609060086.html




posted by エメラルド at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眞子さまと佳子さま、弟と初対面・一家で「新たな命」の誕生を喜び合う

眞子さまと佳子さま、弟と初対面

秋篠宮家の長女眞子さま(14)と2女佳子さま(11)は秋篠宮さまに付き添われ
6日午後、紀子さまが帝王切開を受けた東京都港区の愛育病院を訪れ、
生まれたばかりの弟と初めて対面された。3人は出産を終えた紀子さま(39)を
ねぎらい、一家で「新たな命」の誕生を喜び合った。

男の子は生後すぐに2―3時間、酸素が与えられ、3階の新生児室で過ごしている。
7日には紀子さまが入院している4階の個室に移り、母子2人でゆったりと過ごし
ながら、約10日後の退院の日を待つ。

学習院女子中等科3年の眞子さまと学習院初等科6年の佳子さまは6日、それぞれ
始業式があり、弟の誕生について宮内庁の職員らを通じて知らされたという。

同日午後、天皇陛下が使者を通じて子供に守り刀を授ける「賜剣(しけん)」の行事が
あった。刀は重要無形文化財保持者(人間国宝)の天田昭次氏=新潟県新発田市=
が制作した刃渡り約26センチの短刀で、錦織の包みに入れた上で、きり箱に収めて
ある。刀は秋篠宮邸で秋篠宮さまが見た後、愛育病院に運ばれ、男の子の枕元に
置かれた。

引用元
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20060906-OHT1T00283.htm

宮内庁ホームページ
http://www.kunaicho.go.jp/




posted by エメラルド at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋篠宮殿下第3子、2ちゃんなどで「曹仁」「杏仁」等々“お名前予想”継続中

秋篠宮殿下・紀子妃の第3子が2006年9月6日誕生した。
男性皇族で41年ぶりの男子の誕生ということもあってか、ネット上では早くも第3子の
お名前予想が始まった。

掲示板・2ちゃんねるではすでに、「男児の名前を予想するスレ」など秋篠宮殿下の
男子のお名前を予想するスレッドがいくつか立っており、すでに「当てっこ」が過熱して
いる。

▽「○仁」というお名前になりそう
昭和天皇のお名前は「裕仁」、現天皇陛下は「明仁」、秋篠宮殿下は「文仁」親王と
なっている。
明治天皇以降の慣例に従えば、「○仁」というお名前になる可能性が非常に高い。
実際、2ちゃんねるのスレッドでも、「○仁」という名前で「○」に何が入るのかが争点に
なっており、現在挙がっているのは「和仁」「智仁」「曹仁」「杏仁」「光仁」「紀仁」などなど。

「孟子」「易経」「論語」「中庸」などに由来する名前がつけられることが多かったが、
『週刊朝日』(06年9月15日号)によれば、眞子内親王のお名前は秋篠宮殿下の
「ひらめき」で「眞」の字が決まったという。
新しい親王のお名前も秋篠宮殿下の「ひらめき」によって決まるのかは定かではないが、
06年9月12日の「命名の儀」で秋篠宮殿下がつけることになっている。


▼livedoor-J-CASTニュース
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2413135/detail?rd





posted by エメラルド at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうなる皇室典範改正論議 女系論議は沈静化か 旧11宮家を再び皇族に戻す案もと産経新聞

秋篠宮妃紀子さまが6日、皇位継承資格を持つ男子を出産されたことで、当面は女性・
女系天皇を認める皇室典範改正論は沈静化しそうだ。ただ、現在の皇室典範のままでは、
皇族は減り続けることが明らかで、将来にわたる安定的な皇位継承のため、旧皇族の皇籍
復帰や女系天皇容認など何らかの措置をとる必要がある。
 小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」は昨年11月、女系
天皇を認め、皇位継承順位は長子(第1子)からとする報告書をまとめた。

 しかし、皇位は神話の時代を含め、現天皇陛下に至るまで一度の例外もなく父方に天皇
を持つ男系の男子が受け継いできた。女系天皇容認は、この皇室伝統の大転換になるため、
皇室研究者をはじめ自民党、閣内にも反対論が根強かった。
 小泉首相はこうした反対論・慎重論を押し切り、今年の通常国会に皇室典範改正案を
提出する考えだったが、紀子さまのご懐妊をきっかけに、改正案提出を断念した経緯がある。
 次期首相と目される安倍晋三官房長官も女系天皇容認には慎重な上、今回、秋篠宮家に
男子が誕生したことで、政府・与党内の「伝統尊重派」は勢いを増すとみられる。

 男系による皇位継承を維持しつつ、皇族の数を増やして安定的な皇位継承を図るための
方策としては、連合国軍総司令部(GHQ)の意向で昭和22年に皇籍離脱した旧11宮家
を再び皇族に戻すという案がある。
 近く、旧皇族の皇籍復帰のための特別措置法を立案し、環境整備をするための超党派の
議員連盟も立ち上がる予定で、国民的議論が待たれる。

■ソース(産経新聞)(阿比留瑠比)
http://www.sankei.co.jp/news/060906/sei001.htm




posted by エメラルド at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

両陛下、秋篠宮さま・眞子さま・佳子さまら、紀子さまをお見舞い

★両陛下 紀子さまをお見舞い

・天皇、皇后両陛下は26日、東京都港区の愛育病院を訪れ、もうすぐ妊娠10カ月目を迎える
 秋篠宮妃紀子さまを見舞った。
 両陛下は午後4時半ごろ、車で到着。皇后さまはバラなどの花が入ったかごを抱えていた。
 先に見舞いに訪れていた秋篠宮さまと長女眞子さまから、院内で出迎えを受けたという。
 宮内庁によると、紀子さまは16日に入院して以降、病室で安静に過ごし、状態も安定している
 という。出産は9月上旬の予定。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060827-00000003-maip-soci

※画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20060827104017/img.news.yahoo.co.jp/images/20060827/maip/20060827-00000003-maip-soci-view-000.jpg

★秋篠宮さま、眞子さまらと紀子さまをお見舞い

・秋篠宮さまは27日、長女の眞子さま、二女の佳子さまと3人で、出産に備えて愛育病院
 (東京)に入院されている紀子さまを見舞われた。
 紀子さまが入院されてから、ご一家はそれぞれ毎日のように見舞っているが、この日は
 3人で出かけられた。
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060827ic21.htm

※画像:紀子さまのお見舞いに向かう(手前から)秋篠宮さま、佳子さま、眞子さま
 http://www.yomiuri.co.jp/img/MM20060827193554916L0.jpg


posted by エメラルド at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋篠宮ご一家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。