2007年03月10日

かぶれるかな?純金兜

20070307-05075003-jijp-soci-view-001.jpg

東京・銀座の貴金属店「GINZA TANAKA」が秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまの初節句をお祝いして制作した純金製の兜(かぶと)。20キロの純金を使い、高さ70センチもある。希望者には1億円で販売する(時事通信社)

続きを読む
posted by エメラルド at 14:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(9) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

愛くるしい悠仁さまの写真

posted by エメラルド at 20:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

悠仁さまがお宮参り

20061114-04832441-jijp-soci-view-001.jpg

皇居内の賢所仮殿にお参りした後、御所を訪れた秋篠宮ご夫妻と悠仁さま。生後70日目を迎えた悠仁さまは身長は約10センチ伸び、体重は2倍強になった(14日午前=代表撮影)(時事通信社)19時27分更新




posted by エメラルド at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悠仁さま 皇居の中で「お宮参り」 秋篠宮ご夫妻とともに

20061114-00000014-maip-soci-view-000.jpg

皇居内の御所を訪れた秋篠宮さま、紀子さま、悠仁さま=14日午前10時53分、代表撮影(毎日新聞)17時09分更新




posted by エメラルド at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悠仁さま 皇居の中で「お宮参り」 秋篠宮ご夫妻とともに

20061114-00000014-maip-soci-thum-000.jpg

秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁(ひさひと)さまは14日午前、ご夫妻とともに皇居内の宮中三殿の仮殿に参拝された。一般のお宮参りにあたる儀式。悠仁さまが住まいのある東京・元赤坂の赤坂御用地の外に出るのは初めて。
 白い産着に包まれた悠仁さまは宮内庁御用掛(ごようがかり)に抱かれて拝礼し、続いてモーニング姿の秋篠宮さま、クリーム色のロングドレス姿の紀子さまが拝礼した。産着は天皇、皇后両陛下から贈られたもので、悠仁さまは参拝後、ご夫妻に抱かれて初めて御所を訪れ、両陛下と対面した。
 御所に入る際、悠仁さまは黒々とした髪が見え、あくびを見せるなど活発な様子。報道陣から「今は何とお呼びですか」と尋ねられると、秋篠宮さまは「悠仁のひさの字をそのまま読んで、『ゆうちゃん』と呼んでいます」と笑顔で答えた。
 宮内庁によると、悠仁さまは生後70日目。体重は13日現在で5244グラムで、誕生時より約2700グラム増えた。身長も58・5センチと約10センチ伸び、病気もなく順調な成長ぶりだという。天気の良い日には、紀子さまに連れられ赤坂御用地内を散策し、長女眞子さまと二女佳子さまも喜んで世話を手伝っているという。




posted by エメラルド at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悠仁さま、お宮参り [11/14]

秋篠宮家の長男、悠仁(ひさひと)さまが皇居・宮中三殿(仮殿)に初めて参拝する「賢所
皇霊殿神殿に謁(えっ)するの儀」が14日午前行われた。儀式は一般のお宮参りにあたり、
白い産着の御初召(おうぶめし)姿の悠仁さまは、松田慶文宮内庁御用掛に抱かれて参拝
された。秋篠宮ご夫妻も参列された。

 この後、悠仁さまはご夫妻とともに御所を初めて訪れ、天皇、皇后両陛下にあいさつ。御
所の前で「(悠仁さまを)何と呼んでいますか」と記者団に問われた秋篠宮さまは「(悠の字
を音読して)ゆうちゃんと呼んでいます」と答えられた。

 宮内庁によると、悠仁さまは13日現在、身長58.5センチ、体重5244グラムで、病気をされ
ることもなく、健やかに成育。天気の良い日には紀子さまと一緒に宮邸の庭や赤坂御用地
内を散歩されているという。眞子さま、佳子さまは喜んで悠仁さまの世話をされているという。
(13:30)

http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20061114AS1G1303U14112006.html




posted by エメラルド at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋篠宮さま「ゆうちゃんと呼んでいます」…悠仁さま、お宮参り。体重は2倍に

呼び名は「ゆうちゃん」=悠仁さまがお宮参り−生後70日目、体重2倍に

・秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまのお宮参りに当たる「賢所皇霊殿神殿に謁(えっ)するの儀」
 が14日午前、皇居内の賢所仮殿で行われ、儀式後、御所で天皇、皇后両陛下と対面された。
 宮内庁によると、白い御初召(おうぶめし)姿の悠仁さまは午前10時40分ごろ、松田慶文・同庁
 御用掛に抱かれて仮殿で拝礼。秋篠宮さまご夫妻や同庁職員も参列した。

 悠仁さまは午前11時ごろ、クリーム色のロングドレスを着た紀子さまに抱かれ、秋篠宮さまと
 御所の車寄せに現れた。黒々とした髪も伸び、うっすらと目を開けてご夫妻の方を眺めたり、
 時折あくびも。
 秋篠宮さまは報道陣から「今何とお呼びですか」と聞かれると、「悠仁の悠(ひさ)の字を
 そのまま読んで悠(ゆう)ちゃんと呼んでいます」と答えられた。
 同庁によると、生後70日目を迎えた悠仁さまは身長58.5センチ、体重5244グラム。誕生時に
 比べ、身長は約10センチ伸び、体重は2倍強になった。 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061114-00000031-jij-soci

※画像:http://flash24.kyodo.co.jp/photo/PN20061114/PN2006111401000209.-.-.CI0002.jpg




posted by エメラルド at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

秋篠宮家の長男・悠仁さま、14日に初の外出

★悠仁さま14日に初の外出

・宮内庁は10日、秋篠宮家の長男悠仁さまが、一般のお宮参りに当たる「宮中三殿に
 謁するの儀」のため14日に皇居・賢所仮殿を参拝される、と発表した。

 悠仁さまが住まいの秋篠宮邸から外出するのは初めて。秋篠宮ご夫妻が付き添う
 という。

 http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061110-115294.html




posted by エメラルド at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

悠仁さまが1ヶ月検診を受診、成長は順調・紀子さまは宮邸で育児に専念

悠仁さまが1か月検診を受診 成長は順調
http://www.news24.jp/kakudai/pictures/061005011.jpg

秋篠宮家の長男・悠仁さまが4日、1か月検診を受けられた。
6日で誕生から1か月を迎える悠仁さまは4日午前、赤坂御用地内の秋篠宮邸で
1か月検診を受けられた。悠仁さまは順調に成長されているという。1か月検診では、
悠仁さまの身長・体重を測り、へその状態などを診察した。

また、紀子さまは、赤坂御用地内の散策のほかは、宮邸で育児に専念されている
という。

引用元
http://www.news24.jp/68377.html

ニュース映像
http://www1.ntv.co.jp/news/wmtram/news.cgi?movie=061005011.cgi.300k.68377.html
http://www.ntv.co.jp/news/asx/061005011_300k.asx

宮内庁ホームページ
http://www.kunaicho.go.jp/


人気の都市から、穴場の都市まで一人一人の留学をコンサルティング

留学network.com
posted by エメラルド at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悠仁さまが1か月検診を受診 成長は順調

秋篠宮家の長男・悠仁さまが4日、1か月検診を受けられた。
 6日で誕生から1か月を迎える悠仁さまは4日午前、赤坂御用地内の秋篠宮邸で
1か月検診を受けられた。悠仁さまは順調に成長されているという。1か月検診では、
悠仁さまの身長・体重を測り、へその状態などを診察した。

 また、紀子さまは、赤坂御用地内の散策のほかは、宮邸で育児に専念されていると
いう。

日テレNEWS24
http://www.news24.jp/68377.html


人気の都市から、穴場の都市まで一人一人の留学をコンサルティング

留学network.com
posted by エメラルド at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

オーストラリア紙「エイジ」が大胆予想! 「悠仁さまの歩む不自由な日々」

★オーストラリア紙が大胆予想!「悠仁親王の歩む道」

 021号では悠仁親王ご誕生に関する海外メディアの報道を
記事にしていますが、ここでは残念ながら誌面には載せられなかった
オーストラリアの日刊紙「エイジ」の記事を紹介しましょう。

 窓をカーテンで覆い隠した一台の黒い車が、警察の厳重な警護のもと、
通り過ぎていった。それは世界でもっとも若いプリンスの「秘密の生活」の
始まりでした。いつの日か日本の天皇になるであろう彼は、生活の大半を
自分の意思で決めることができないくらい、不自由な日々を過ごすことに
なるのです。
 すでに我々は新しいプリンスにどんな“未来”が待ち受けているのかを
想像することができます。今後、彼は皇室の一員として、多くの時間を
皇居の中で過ごすでしょう。彼は敷地内で健康診断を受け、敷地内で遊び、
そして孤独について知ることになるのです。

 彼の親族が過ごしてきた日々から考えると、まず彼は2人の姉と同じように
一輪車の乗り方を習うでしょう。また、幼くして書道を習い始め、相撲を応援し、
毎年新年になると短歌を詠むようになるはずです。彼のDNAからすると、
おそらく鳥か魚を研究する自然学者になるでしょう。昭和天皇は海の生物に
詳しい生物学者だったし、現在の天皇も皇居内にある科学研究所で
生物学の研究を続けているからです。

 彼は学習院で学び、おそらく10代になると日本を離れて海外でホームステイします。
もしかすると、オーストラリアに来るかもしれません。そしてオックスフォードの
ような大学に留学し、そこで多少の自由を手に入れるのです。現在の皇太子は
「もしかすると人生でもっとも幸せな時期だったかもしれない」と留学時代を
振り返っています。

 大人になっても彼が働くことはありません。車の免許を取ることも、
携帯電話を持つこともないでしょう。彼が結婚するとき、その相手は
十二単を身に纏い、彼はその妻になる人に大きな魚と大樽の酒など伝統で
定められた贈り物をプレゼントします。そしてもっとも大切な「男子の誕生」
という任務を背負うことになるでしょう。これが彼に定められた“運命”なのです。

クーリエ ジャポン http://blog.moura.jp/courrier_news/2006/09/post_f535.html


インターネット取引するならマネックス証券


posted by エメラルド at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

悠仁さま、皇統譜に登録

20060921-04724733-jijp-soci-view-001.jpg

秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁(ひさひと)さまの皇統譜登録が21日午後、宮内庁書陵部で行われた。皇統譜は一般の戸籍に当たる(代表撮影)(時事通信社)17時42分更新


営業からWebデザイナーまで、幅広い求人情報満載!
posted by エメラルド at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悠仁さま、皇統譜に登録=宮内庁長官らが署名

秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁(ひさひと)さまの皇統譜登録が21日午後、宮内庁書陵部で行われた。
 皇統譜は一般の戸籍に当たり、天皇、皇后に関する事項を記載する「大統譜」と、その他の皇族方を記載する「皇族譜」に分かれる。それぞれ正副2冊あり、正本は同庁書陵部、副本は法務省で保管される。
 悠仁さまが登録されたのは皇族譜で、名前、父母の秋篠宮ご夫妻の名前や生年月日、誕生場所などが記され、午後3時すぎに羽毛田信吾長官と折笠竹千代書陵部長が毛筆で署名した。 


営業からWebデザイナーまで、幅広い求人情報満載!
posted by エメラルド at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<高野槙>悠仁さまの成長祈り記念植樹 和歌山高野町

秋篠宮ご夫妻の長男悠仁(ひさひと)さまの「お印」に、町木の高野槙(こうやまき)が選ばれた和歌山県高野町は21日、悠仁さまの健やかな成長を願って町役場前庭に高野槙を記念植樹した。
 植樹されたのは、高さ約2.5メートル、根元の幹回り約20センチの約20年生で、高野山真言宗総本山金剛峯寺が寺有林の木を寄贈した。後藤太栄町長が「お健やかにご成長され、ぜひ高野山を訪れ、高野槙の森をめでていただきたい」とあいさつした後、後藤町長や町民ら約50人が根元に土を盛った。23日までは、誰でもお祝いの土を盛ることができる。
 高野槙は高さ30〜40メートル、直径約1メートルになる日本固有の常緑高木。金剛峯寺のある同町高野山に多いことから名が付いた。スギ、ヒノキなど「高野六木」の一つで、87年4月、町木に指定された。


営業からWebデザイナーまで、幅広い求人情報満載!
posted by エメラルド at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

紀子さま 悠仁さまと秋篠宮邸に向かう 沿道 祝福の列

20060915-00000014-maip-soci-view-000.jpg

退院した秋篠宮紀子さまと長男悠仁さまを乗せた車を沿道で旗を振って見送る人たち=東京都港区で15日午後0時半、川田雅浩写す(毎日新聞)17時14分更新


ファッション通販はイマージュ
posted by エメラルド at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紀子さま 悠仁さまと一緒にご退院

20060915-00000013-maip-soci-view-000.jpg


秋篠宮妃紀子さまは15日午後、長男悠仁(ひさひと)さまと一緒に東京都港区の愛育病院を退院した。6日に出産した紀子さまの経過は良く、悠仁さまも順調に発育しており、ほぼ予定通り退院の日を迎えた。秋篠宮さまが付き添い、東京・元赤坂の宮邸に車で戻った。悠仁さまの姿を見ようと、沿道には、約1800人(警視庁調べ)が繰り出した。ご一家は、宮邸で家族5人での生活をスタートした。
 白のスーツ姿の紀子さまは、純白のおくるみに包んだ悠仁さまをしっかりと抱いて、午後0時25分ごろ病院の玄関前に姿を見せた。悠仁さまはすやすやと寝ている様子。報道陣が「お顔を見せて下さい」と声をかけると、秋篠宮さまが紀子さまに目配せをし、紀子さまは、悠仁さまをカメラの方に向けた。また、ご夫妻のどちらに似ているかとの問いには、秋篠宮さまが「まだわかりません」と笑顔で答えた。
 宮邸に向かう車の後部座席には、新生児用のチャイルドシートが用意され、悠仁さまは、秋篠宮さまと紀子さまの間に置かれたシートに寝かされた。病院関係者の見送りを受けて午後0時半前に出発した車は、沿道に出た人たちの祝福を受けながらゆっくりと進み、約4キロ離れた宮邸に午後0時40分ごろ到着した。
 宮邸では、悠仁さまのために6畳ほどの部屋を改装、安全性を考えて床をカーペット敷きにしたほか、部屋のそばには冷蔵庫付きのキッチンも設けた。また、養育のため看護師3人が新たに配置された。
 紀子さまは部分前置胎盤の診断を受け、8月16日に入院。今月6日に帝王切開で悠仁さまを出産した。翌7日には同室で過ごすようになった悠仁さまに初めて授乳した。


ファッション通販はイマージュ
posted by エメラルド at 15:52| Comment(0) | TrackBack(2) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

悠仁さま:祝福の輪、各地に広がる

20060913k0000e040083000p_size6.jpg

開幕した秋篠宮ご夫妻の写真展を見る人たち=東京都中央区の日本橋高島屋で13日午前10時2分、佐々木順一写す


秋篠宮ご夫妻の長男が「悠仁(ひさひと)さま」と決まり、新品種の花に同じ名前を付けたり、牧場では同じ文字の名前の入場者を無料にするところも出てきた。全国各地に祝福の輪が広がっている。

 ◇フラワーパーク「とっとり花回廊」

 鳥取県南部町にあるフラワーパークの県立「とっとり花回廊」は、悠仁さま誕生前日の5日にピンクの花を咲かせたペチュニア(ナス科)の新品種を「ひさひとペチュニア」と名付けた。高さ15センチで、直径約2センチの花を50輪ほどつけるといい、近く展示する予定だ。開発者の矢澤秀成さん(39)は「お子さまもペチュニアも、すくすく育ってほしい」と話す。

 ◇成田ゆめ牧場

 千葉県成田市の「成田ゆめ牧場」は、13日から名前に「悠」または「仁」の文字が入っているか、悠仁さまと同じ誕生日(9月6日)の人を対象に入場を無料に。30日までで、「祝賀ムードをさらに盛り上げたい」と同牧場。

 ◇報道写真展

 東京、大阪、名古屋など全国の高島屋4店舗で13日から、秋篠宮家の歩みを紹介する報道写真展「慶祝 秋篠宮悠仁親王殿下 ご誕生おめでとうございます」(毎日新聞社主催)が始まった。

 日本橋高島屋では、束帯と十二単姿でのご夫妻の婚礼の儀式の写真や、出産のため入院した紀子さまを見舞う秋篠宮さまと眞子さま、佳子さまの写真など計12点を展示。広島市の主婦、馬場美佐子さん(57)は「赤坂御苑を一家で散策する写真は一家だんらんの雰囲気が伝わってくる。男の子のお顔を早く拝見したい」と笑顔で話した。19日まで開催する。

 ◇祝賀のパレード

 御用邸のある静岡県下田市では12日夜、中心街で太鼓を打ち鳴らしてのパレードで祝った。下田八幡神社の例大祭での行事だが、皇室の祝賀で臨時に行うのは、01年12月の皇太子ご夫妻の長女愛子さまの誕生以来。法被姿の若者による太鼓の音に約1500人が繰り出した。

 「命名の儀」で使われた越前和紙の「大高檀(おおたかだん)紙」をすいたのは、福井県越前市の山崎吉左衛門さん(63)。「これを機に、より多くの人に越前和紙の存在を知ってもらえれば」

 また、「お印(しるし)」の「高野槙(こうやまき)」を市の木にしている岐阜県中津川市の大山耕二市長は「大変喜ばしく、光栄に思います。悠仁さまがこの木のようにすくすくとご成長なさるよう願っています」とコメントした。


近畿日本ツーリストでお仕事!
posted by エメラルド at 14:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<悠仁さま>「長く久しく」との思い、列島駆けめぐる  

秋篠宮ご夫妻の長男は「悠仁(ひさひと)さま」と12日決まった。同じ字の名前の人たちは「光栄だ」「感激した」などと驚き、出産を控えた女性からは「子どもの名前の参考にしたい」との声も漏れる。ご夫妻の「長く久しく」との思いが込められた名前は、列島を駆けめぐった。【竹中拓実、木村光則、田村彰子】
 日本フィルハーモニー交響楽団の首席ビオラ奏者、後藤悠仁(ゆうじ)=本名・朋俊(ともとし)=さん(45)は「びっくりした。楽団の仲間からは『名前に恥じないように行動してくれ』と言われた」と笑顔。約20年前、同楽団に入ってすぐ活動名を「悠仁」にした。「心からおめでとうございますと申し上げたい」と祝福した。
 アテネ五輪のNHKテレビ報道テーマ曲「栄光の架橋(かけはし)」などで知られる人気デュオ・ゆずの北川悠仁(ゆうじん)さん(29)は「とても感動し、光栄に思っております。これからも、この感動を胸に、名に恥じぬよう、精いっぱい音楽活動を続けていきます」とのコメントを発表した。
 兵庫県姫路市の能面作家、筒井悠仁(ゆうじん)=本名・康夫=さん(57)は、師匠の「仁」を受け継ぎ、「悠」は「ゆったりとした」などの意味が気に入って7年ほど前から使っている。「皇室の方は『仁』の字を付けるから、そうなったら良いなとは思っていたが……。感激です」と声を弾ませた。
 東京・銀座では、デパートの電光掲示板が、「悠仁親王殿下」と名前が決まったことを伝えると、買い物客らが足を止めて見入った。12月末に女児出産を控える岡山市の長内路子さん(27)は「『悠』の文字がとても現代的だと思った。生まれてくる子どもの名前の参考にしたい」と笑顔を見せた。
 夫婦で買い物に来ていた埼玉県北本市、美容業、門司孝さん(57)は「ご夫妻が名前に込められた思いは、子どもを持つ親なら誰でも同じだと思う。男女に関係なく、元気にすごしていただければ」。近くに住む佐々木祐子さん(50)は「おおらかで良い名前だと思った。親王さまの立場はいろいろと大変だろうが、字の意味の通り、のびのびと育っていってほしい」と話した。
 悠仁さまのお印(しるし)に決まった高野槙(こうやまき))は、日本固有の常緑高木で、3〜4月に花を咲かせる。本州(福島県以南)、四国、九州(宮崎県以北)に分布、和歌山県の高野山に多いことから、この名が付いた。皇居の宮殿近くや赤坂御用地にも植生。木材は、耐水性があり風呂おけなどに使われる。
 高野山の霊宝館前には、1923年に故秩父宮さまが植樹し高さ約20メートルにまでなった高野槙がある。高野山真言宗総本山金剛峯寺の「奥の院」を守る日野西真定・維那(ゆいな)(82)は「江戸時代に寺院が山から清水を引くのに、高野槙の樹皮を使ったほど腐りにくく丈夫だ。高野山を代表する木がお印に選ばれたことは大変に名誉なこと。親王さまが、この木のように丈夫で健やかにお育ちになることを願います」と喜んだ。【上鶴弘志、工藤哲】
 ◇最後まで迷っていた秋篠宮さま
 名前は難産だった。長女眞子さまの名前を決めた時は、「ひらめき」だったという秋篠宮さま。中国の古典などからの出典ではなく、「ひさひと」という音の響きを大事にした。宮内庁職員が、歴代の天皇や皇族の名前として使われていない字を示すと、「もうちょっと調べてほしい。他の漢字はないのか」と最後まで迷っていたという。
 最終的には、三つぐらいの漢字の候補の中から「悠」という「ゆったりとした」意味の字を選んだが、7月から考え始めて足かけ3カ月。両陛下への報告も「命名の儀」の前日だった。
 その「命名の儀」。皇太子ご夫妻の長女愛子さまや秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま、二女佳子さまら宮内庁病院で午前中に行われた時と違い、民間の愛育病院のため、面会時間(午後3時以降)を配慮し、ご夫妻の意向で同3時半過ぎに設定された。紀子さまは入院中にもかかわらず空色の絹の洋服姿で臨み、5分ほどで終わった。


近畿日本ツーリストでお仕事!
posted by エメラルド at 14:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 悠仁さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。